不動産会社で賃貸物件を契約する際に費用面で得する方法

不動産で土地売買の仲介を依頼する際

相談

土地売買の仲介を依頼する場合、3つのやり方があります。一般媒介と専任媒介と専属専任媒介です。一般媒介とは、自分で買い手を見つけても、色んな不動産会社に依頼してもOKです。制約がありません。ただ、あまり力を入れてやってもらえないこともあります。(要するに広く浅く網をはる感覚)
2つめは専任媒介です。専任媒介とは、自分で買い手を見つけてもOKだが、不動産会社は1社だけという制約があります。制約がある分、不動産会社も力が入るというメリットもあります。1週間以内に不動産流通機構のHPに情報を掲載し、2週間に1度依頼主に進捗を報告する義務を持ちます。
3つめは専属専任媒介です。この説明の流れと漢字を読んできていただければ、何となく縛りが厳しいということはお分かりいただけるでしょう。専属専任媒介は、依頼した不動産会社のみが買い手見つけることができます。この場合は依頼主も探すことは出来ません。
ただ専任媒介のように義務としていることがあり、5日間以内に不動産流通機構のHPに情報を掲載、1週間に1度依頼主に進捗を報告する義務を持ちます。仲介業は基本的に成功報酬のため、自分たちが売る可能性を高める為には、やはり専属専任媒介など窓口がより狭くなる方がいいです。その分の責任として義務を負うことになるわけなのです。媒介契約の期限は契約日から3ヶ月となるため、不動産会社の動きを見ながら一般媒介から専任媒介へ、などの付き合い方を変更して行くのがベターでしょう。

LATEST ARTICLE

不動産会社で働く人には

不動産会社というのは、色々な仕事があります。賃貸メインのこともありますし、販売をすることもあります。これは人によってまったく違うことで…

豚の貯金箱

不動産で土地売買の仲介を依頼する際

土地売買の仲介を依頼する場合、3つのやり方があります。一般媒介と専任媒介と専属専任媒介です。一般媒介とは、自分で買い手を見つけても、色…

相談

ネームバリューで不動産屋を決めないほうが良い

不動産会社、貴方が思う不動産とは、賃貸?戸建て?マンション?土地?ビル?更に細分化すれば個人向け賃貸、オフィス賃貸、個人向け戸建て、事…

考案

不動産仲介業者の管理物件とは

不動産仲介業者には、自社管理物件と業者管理物件の2種類の管理物件が存在します。自社管理物件は家主様と直接取引している物件です。業者管理…

家のミニチュアを持った女性