不動産会社で賃貸物件を契約する際に費用面で得する方法

不動産仲介業者の管理物件とは

家のミニチュアを持った女性

不動産仲介業者には、自社管理物件と業者管理物件の2種類の管理物件が存在します。自社管理物件は家主様と直接取引している物件です。業者管理物件は「他業者と家主様が取引をし、その業者を通して契約する物件」のことを指します。仲介業者の主な収入源は、お客様から頂く仲介手数料と、家主様から頂く成果報酬・管理費用です。業者管理物件の場合、仲介手数料と成果報酬は管理業者との折半となることが殆どであり、仲介業者は自社管理物件を契約して頂こうと努力をします。
自社管理物件の場合、家主様に対して賃料の値下げや礼金の免除、設備(エアコン・ウィッシュレット等)の相談まで行うことが可能になり、お客様の条件を満たしやすくなるのです。
また、自社管理物件には、オーナー様から物件をお預かりして継続的に管理を行う1棟管理と、入居者様にお部屋をご契約頂いた後にそのお部屋に対する管理を行う戸別管理の2種類の管理形態が存在します。1棟管理物件の強みは、家主様から物件を預かっているという状態にあることです。仲介業者は家主様に対し、ある一定の権限と発言力を持つことが出来るため、よりお客様のご要望に応えやすくなります。よって、賃貸物件を探す・契約をする際には物件の管理業者はどこか、この仲介業者の自社管理物件はどれかという点を考慮しながらお部屋探しをすることが、より良い物件に巡り合う手段と言えます。

LATEST ARTICLE

不動産会社で働く人には

不動産会社というのは、色々な仕事があります。賃貸メインのこともありますし、販売をすることもあります。これは人によってまったく違うことで…

豚の貯金箱

不動産で土地売買の仲介を依頼する際

土地売買の仲介を依頼する場合、3つのやり方があります。一般媒介と専任媒介と専属専任媒介です。一般媒介とは、自分で買い手を見つけても、色…

相談

ネームバリューで不動産屋を決めないほうが良い

不動産会社、貴方が思う不動産とは、賃貸?戸建て?マンション?土地?ビル?更に細分化すれば個人向け賃貸、オフィス賃貸、個人向け戸建て、事…

考案

不動産仲介業者の管理物件とは

不動産仲介業者には、自社管理物件と業者管理物件の2種類の管理物件が存在します。自社管理物件は家主様と直接取引している物件です。業者管理…

家のミニチュアを持った女性